(ポケモン剣盾)ゲームフリーク増田氏の弁明とおま国

コラム

毎日のようにTwitterを更新していたものの、ポケモン剣盾のリストラ発表後は”偶然”Twitterの更新がなかった増田氏、およびポケモン公式が口を開きました。

しかしその対応・内容はファンを失望させるものでしかなく極めて残念なものだったと言わざるを得ません。

スポンサーリンク

公開されたメッセージ

ファンのみなさん、いつもポケモンを大切に思ってくれて、本当にありがとうございます。先日、「ポケットモンスター ソード・シールド」に一部のポケモンを連れて行けないことを発表しました。みなさんの様々なメッセージや意見を読み、みなさんのポケモンに対する愛を、改めて深く感じました。

みなさんと同じように、私たちもポケモンに対する愛を持っています。みなさんと同じようにポケモン1匹1匹はとても大切だと考えています。私自身はずっと「ポケットモンスターシリーズ」の開発を行ってきましたので、本当に難しい決断でした。改めて伝えたいと思いますが、ソード・シールドに登場しなかったポケモンがいるとしても、その先のソフトに今後も登場しないわけではありません。

ポケモンの世界は今後も広がっていきます。ガラル地方には、初めて出会うポケモン、見知らぬトレーナーとのバトル、そして新しい冒険が待っています。みなさんに喜んでいただけるよう、心を込めて制作に取り組んでいますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

2019.6.28 増田順一

(アメリカ版公式サイトより引用https://www.pokemon.com/us/a-message-for-pokemon-video-game-fans/?cid=&utm_source=tw&utm_medium=social&utm_campaign=SwordShield&utm_term=Statement)

内容はリストラ発表時となんら変わらず

まずもってメッセージの内容がリストラ発表時とほぼ同じなのです。表現が変わっているだけです。リストラに関する新情報が全く述べられていないっためまったく進歩がない。アップデートがあるのか、だれがリストラされるのか、今後の予定は、そもそもなぜリストラしなければならないのかより具体的な説明は、書かれていません。

ファンは公式の声明を待っていました。しかしレベルのメッセージを出すのになぜ2週間以上もかかってしまったのか理解に苦しみます。

なぜ日本のファンに向けて発表しない?

上記のメッセージは日本語のものもありますが、海外版のサイトに張られたものです。日本語版の公式サイトにはまだリストラに関する情報はありません。そもそもリストラの処方になったE3も海外のイベントで発表時間は日本では深夜でした。

たしかにファミツウインタビュー等、日本語の媒体でもリストラ情報は出されています。が、なぜか日本版の公式サイトだけはかたくなに更新しようとしない。もしかすると日本語版のサイトではリストラ(メガシンカ・Z技の廃止もあるが)について最後まで触れないまま売り逃げする気じゃないのかと疑いたくなります。日本人のファンをなめているとしか思えないのです。

私は当初、早めにリストラの存在を明らかにしたことを評価しました。しかし、それから2週間以上だんまりをきめ、満を持して発表した声明もたいしたことはない。メガシンカ・Z技廃止のような重要な情報も申し訳程度に発表するだけ、挙句の果てに日本のファンに向けたメッセージはほとんどなし。このような対応になったことに非常に失望しています。

コメント