(2019年1月版)2019年ポケモン新作を予想する

2019年1月21日時点で管理人が予想したポケモン新作についての見解です。一部の予想を盛大に外していますが生暖かい目で見てください。

スポンサーリンク

1発売日とゲームハードについて

まず本当に出るのかという点だがこれについては2018年のポケモンダイレクトで2019年に完全新作発売予定とすでに公表したので2019年発売は開発に支障が出ていなければ間違いないだろう。
ポケモンシリーズは赤緑とBW2を除いて必ず秋に発売されているので延期がなければ発売は秋で確定。というか夏までに発売ならもう情報が公開されていないと間に合わないと思う。金曜日に発売されるのが普通なので11月15日か22日に発売と予想してみる。
ゲームハードはスイッチでしょう。いまさら3DSで出すとも思えないし。

2舞台について

物語の舞台はイギリスを予想する声が大きいようである。ゲフリの増田氏がイギリス出張に行っていたらしいということが根拠らしい。
私は舞台の候補の本命は中国だと予想する。理由としては世界中のあらゆる文化産業がチャイナマネーに注目しているという点である。昔は映画等でも悪役になりやすかった中国が経済発展とともに(中国での展開を考えて)好意的に描写することが増えてきたように感じる。
ポケモンでも同様で第7世代のSMでは初めて発売と同時に中国語対応がされていた。日本国内の売り上げは減少傾向にあるシリーズが打開策として巨大市場である中国に活路を求める可能性は高いと考える。
と偉そうに予想するが普通にイギリスのパターンもあるかもしれないので対抗にイギリスと予想するw

3戦闘システムについて

昨今のポケモンシリーズ(BW以降)は「面白いことよりも新しいこと」に注力していると言えるだろう。メガシンカ、Z技、シナリオ重視路線、ジム廃止、ポケGOとのコラボetc…と様々な例が挙げられる。
この改革路線はシリーズにとって新ハードであるスイッチでの発売が予想される8世代に於いて継承されないとは考えられない。
もう一つ改革路線が継続しそうな根拠としては今年の映画がミュウツーの逆襲リメイクである点である。このタイミングで彼が主役に躍り出るということは5世代末期に主役を務めメガシンカをお披露目した『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』を髣髴とさせ、新作でミュウツーに対し何らかのテコ入れがなさせるのではないかと考えられる。ゲフリが初代びいきであり、ミュウツーがメガシンカこそあるものの伝説戦でホウエン勢等に押されイマイチパッとしないという点を放置するとは思えず救済を行いそうなのも気になる点である。
具体的に何が起こるかまではなかなか予想できそうもないがメガシンカのようにゲームシステムを変える大きな何かが起こる可能性は高いだろう。

スポンサーリンク

4シナリオ

シナリオ重視の作品にはならないと予想。なぜなら7世代は3年で終わったうえにSM、USM、ピカブイと毎年作品を出していたことと、ゲームハードが変わるため他にやることが多そうだからである。実際新ハード3DSで発売されたXYではBWに比べシナリオは重視されていなかった(初代金銀よりは重視だが)。ただしXYもAZの存在などを考慮すると当初はシナリオ重視路線にしようとしていたようにも思われるが。
シナリオの中身についてはジムの復活はあるだろう。SMでも反発する声はあったし流石にこれについては製作者も理解しているだろう。
もう一つシナリオのかなめになる悪の組織については組織専用の伝説ポケモン(プレイヤーは正規の手段で入手不可能)もしくはそのフォルムが登場すると予想。近年のポケモンシリーズでは伝説のポケモンが悪役として登場することが少なくない(5世代やUSMのRR団がよい例)。この傾向と改革路線を踏まえ伝説ポケモンの完全悪役化を予想する。
すべてのポケモンが使えるのがこの手のゲームの面白いところなのにと気落ちするが多分映画かなんかの配信にしてひと儲けしようというパターンに落ち着き、なんやかんやプレイヤーも入手できるようになるだろう。

まとめ

いろいろ考えてみたが所詮はただの予想。新情報が出たら予想の答え合わせをしてみたい。

以上の記事は旧ブログにあったものを移転したものです。2019年2月27日の情報を受けた最新版の予想を滅の機会に上げてみたいと思います。

コメント