(ポケモンホーム)GTSでほしいポケモンと上手に交換する方法を解説

ポケモンホーム内のGTSでポケモン交換をしたいと考えている人は多いと思います。しかしこのGTS、うまく使わないと損じゃね?と思うような交換になりかねません。みんながほしがるようなポケモンを的確に利用して賢く使えるような方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

手っ取り早いのは伝説のポケモンだが…

通貨についての解説でも述べたように交換の際に最も価値が大きいのは伝説のポケモンです。しかしこれに関しては入手するのが非常に面倒なので伝説のポケモンで一般クラスのポケモンを要求するのはお勧めしません。一般ポケモンで伝説を要求している交換募集に安易に乗るのも同様です。

GTSでも基本は等価交換です。人によってポケモンの価値は違いますが序盤の草むらで普通に手に入るポケモンと伝説のポケモンを交換しようと思う人は少ないでしょう。いたとしても改造産とか物好きなYoutuberが動画のネタにしたとかそういったオチしか考えられません。

伝説ポケモンの交換を成立させる場合は極力こちらも伝説クラスを出すべきでしょう。現状だとザシアン・ザマゼンタ要求ばかりなのでその中で別の伝説のポケモンを要求すればほかの募集よりも目立てます。

スポンサーリンク

需要の大きいポケモンを使おう

オシャボ

伝説のポケモンじゃなくても人気のあるポケモンはいます。それらのポケモンを効果的に使いましょう。

代表的なのはオシャボと呼ばれるレアなボールに入ったポケモンです。とくに名前がかっこいいムーンボールやかわいい系のポケモンには最適なラブラブボール、捕まえるのに苦労するウルトラボールあたりは人気があります。

こちらのメリットは育て屋で卵を産ませれば子供は親のボールが遺伝する仕様なので伝説のポケモンと異なり量産可能という点です。もちろんその分伝説のポケモンよりは価値は下がりますが、オシャボコレクターなら伝説とまではいかなくてもそこそこ珍しいポケモンを交換してくれると思います。

注)オシャボは本来おしゃれなボールのことで必ずしもレアなボールのことではありません。しかし交換においてはショップで買えるようなボールでは付加価値を出せないのでレアなボール以外はほとんど考慮しなくてもよいと思います。

バージョン限定ポケモン

特定のバージョンでしか出現しないポケモンもまずまず使えます。とくに対になっているポケモン(ジジーロンとバクガメス)などは図鑑完成目的で交換しようと考える人が少なくないので交換するのはさほど難しくないと思います。

通信進化のポケモン

剣盾ではワイルドエリアでゲンガーのような通信進化のポケモンが出現するようになりました。一方でポケモンホームのGTSでは通信進化せず(3DSのGTSでは進化する)、ワイルドエリアのレイドバトルで低確率でしか出ないポケモンや剣盾では登場しない通信進化のポケモンもいます。

これらのポケモンは私のようなボッチや本体を2台買う余裕がない人には価値があると言えます。

色違い

色違いのポケモンをGTSにだすというのもあります。しかし色違いのポケモンに遭遇する確率は約4000分の1なのではっきり言ってかなり損した気がします…。私は剣盾でプレイ時間300時間は超えていますがいまだに色違いのポケモンに遭遇していません。ちょっと運悪すぎですね。

伝説クラスを要求したいところですがインターネット対戦で使えない弱いポケモンでは色違いでも伝説のポケモンと交換するのは厳しいかもしれません。

ちなみにザシアン・ザマゼンタ・ムゲンダイナの色違いは絶対に出ないようになっています。2020年3月18日現在、それらのポケモンの色違いは確実に改造なので気を付けましょう。

隠れ特性(夢特性)のポケモン

通常プレイでは入手ができなかったり入手が難しかったりするポケモンのことです。対戦で使える強力なポケモンの場合は伝説のポケモンと交換できる場合もあります。伝説のポケモンは基本的に対戦で使用不可能なので対戦勢からすると意外と価値が低かったりもします。

こちらもオシャボと同様、子供に遺伝させることが可能です。しかし量産できるがゆえに値崩れするのも早いです。隠れ特性が解禁されたらすぐに量産して交換することがより良い条件で交換するポイントです。逆に隠れ特性のポケモンがほしい人は少し待てばバブルが崩壊して交換のハードルが下がります。

次に新しくポケモンが解禁されるのは6月のDLCです。過去作を持っている人で内定した有用なポケモンの夢特性を持っているならねらい目かもしれません。

ビビヨン

一部の愛好家に人気のある第6世代のXYで初登場したポケモン。模様は18種類あり、なんと地域限定+一部は配信限定という鬼畜仕様。現状では剣盾で登場していないため入手には3DSが必須。しかも3DSの仕様上、住んでいる地域の偽装はほぼ不可能なので海外産の3DSでなければ国外のビビヨンを手に入れるのは難しいです。しかも模様配電しません。

ポケモンをプレイしている人がほとんどいないであろう地域にしか出現しない模様もあり入手難易度はかなり高いためレアな模様はコレクターなら喉から手が出るほどほしいようです。GTSでは需要が大きいですが珍しい模様の個体は交換に出さず手元に取っておきたいような気もします。

スポンサーリンク

何回も確認しよう

好条件の募集はすぐに交換されてしまいます(そのためザシアン・ザマゼンタ要求ばかりが残っている…)。そのためGTSを頻繁に確認していないと好条件の交換はできません。また、条件になっているポケモンがゲームデータ内にのみいる場合はポケモンホームに移動させている間に交換されてしまうということもあります。ゲームで使っていないポケモンで交換に使えそうなポケモンはすぐに出せるようにホームの分かりやすい場所に配置するなどの工夫も重要です。

番外編。道具を持たせる

ポケモンホームはポケモンに道具を持たせることができません。しかし3DSシリーズのポケモンは道具を持たせたまま交換することが可能だったのでポイントマックスやマスターボールのような貴重な道具を持たせることで目当てのポケモンを釣りやすくすることも可能でした。

現在でも3DSの作品なら道具を持たせて交換できるのでサン・ムーンまでのポケモンならこちらで交換を探してみるのもアリです。しかしメンテナンスが行き届いていないのか改造ポケモンの募集をはじめ不正な募集ばかりになってしまっているのが現状です。

まとめ

需要なお起きそうなポケモンを紹介してきました。これらのポケモンをうまく組み合わせることで交換上手になりましょう。

なお幻のポケモンは預けることができないので注意です。

コメント