(ポケモンダイレクト6月5日)ポケモンソードシールド注目ポイントランキング

コラム

2019年6月5日のポケモンダイレクトでポケモンソードシールドの情報が数多く公開されました。みなさんはどう感じたでしょうか?私はダイレクト前までネガティブなことばかり考えていたので最悪の想定よりは、はるかによかたっと思います。今回はダイレクトおよびこっそり更新された公式サイトで公開された情報で気になった注目ポイントを独断と偏見でランキングにします。

スポンサーリンク

第5位:ロトム図鑑続投

7世代で初登場されたロトム図鑑が続投。今回はスマホロトムというになるようで自転車はじめ6世代までの「たいせつなもの」の機能の一部と波乗りなどのひでんわざを担うようです。

なぜこんな些細なことを注目点にしたかというとアニポケでもロトム図鑑が登場していてその進退が気になるところだからです。今回の情報により、おそらくソード・シールド編でもロトムはサトシについていき、続投とみてよいのではないでしょうか。

第4位:ワイルドエリアとエンカウント方式

ワイルドエリアという場所の映像ではポケモンがフィールドに表示されていたのでおそらくシンボルエンカウントが本編初登場ということになりそうです。ただ一方で従来通り、草むらからエンカウントしていたシーンもあったためランダムエンカウントも場所によっては存続という形になるのではないかと思います。

何気にワイルドエリアでカメラワークを自由に動かせるのがうれしいです。いままではできていなかったことだし。当たり前とは言ってはいけない。

第3位:新規公開の登場人物たち

ライバル、博士2人、ジムリーダー1人、そしてチャンピオンが公開されました。個人的に注目はチャンピオンのダンデです。

チャンピオンのダンデの説明文には”現チャンピオン”、”公式戦無敗”といった「あっ(察し)」となるような文章が所狭しと並べられています。5世代のアデクのようにシナリオ途中で誰か(おそらく悪の組織)に負けるパターンだと思います。もしくはダンデ自身が悪者というのもあり。チャンピオンが悪者というパターンは今までのポケモンではなかったので新しい物好きなポケモンならあり得る展開です。それかダンデの弟でライバルのホップが闇堕ちするパターン?。いやいや、ボスが女性だったパターンはないからマグノリア博士も怪しい…。

今回の情報では悪の組織関連の人物は出ていませんが何となくこのダイレクトで公開された誰かが悪者という気がします。いずれにせよポケモンは海外勢のフラゲをおそれて発売前にかなりたくさん情報を出すのが先例なので発売前には黒幕が公開されるはずです。

第2位:発売日は11月15日

この前のダイレクトでは冬発売といったくせに秋発売に前倒し?になっています。11月は一般的に冬とは言わないような気がします。それとも日本よりも寒いヨーロッパに向けて冬発売と言っていたのでしょうかね。

まぁ遅くなって来年とかになるよりははるかにマシだし早いに越したことはないので朗報です。

第1位:ダイマックス

メガシンカ、Zわざに続く新システムとしてポケモンが巨大化するダイマックスが登場するようです。最大の評価点は”全ポケモン”ダイマックスできるという点。近年のポケモンは一部のポケモンに対する贔屓がはなはだしく、新先頭しすてむも「ゲッコウガやミミッキュ、ミュウツー、リザードンだけ」とか「初代のポケモンだけ」とかいう事態が考えられましたが杞憂に終わりました。とはいえダイマックスにおける補正に関しては特定ポケモン贔屓はあり得るので予断は許さないと思います。

今回のダイマックスも戦闘中1回のみしか使えないようなのでこれで通信対戦で使うポケモンはメガシンカ、Zわざ、ダイマックスでほぼ固定されることになりそうです。私はポケモン対戦の廃人ではありませんが環境がどう動いていくのかは注目です。

コメント